近年、もともとハクビシンが住んでいた環境が住宅地などに変わり都会にもハクビシンが現れるようになり住宅街での被害が出てき始めています。

ハクビシンは家の壁などにあいている3センチの隙間でも入り込むことができますので、夜中にがさがさと音をたてて天井裏に何かが駆け回る音が聞こえたり、天井に糞尿の跡がついたりすることがあります。特に野生のハクビシンが天井裏を駆け回ると騒音で眠れなくなってしまう方もいらっしゃいます。




万が一ハクビシンが自分の家に住み着くようになってしまった場合は業者に頼んだ駆除をすることをお勧めします。



お住まいの地区によっては捕獲のためのゲージをかしてくれたり助成金を出したりしてくれることもあります。



そのまま放っておいてしまいますと、ハクビシンがもたらす糞尿でダニやのみなどの被害がご家族の健康を左右することもありますし天井裏が重みで落ちてきてしまうこともあるので気をつけたほうがいいです。

ハクビシン対策としては自分の家の周囲をを見渡し壁や排気口に穴が開いていないか調べることです。



入れる箇所を防ぐことでハクビシンの侵入を防ぐことが可能です。



ご近所でハクビシンを目撃したり被害にあったという方の話を聞いたりした場合は速やかに自分でできるハクビシン対策をとると被害を防ぐことができます。

ハクビシン対策としてとる壁の補修だったり排気口の確認だったりは結果として自分の住居をきれいに過ごしやすくすることにもつながります。


http://matome.naver.jp/odai/2139651530931304201
http://www.jwma-tokyo.or.jp/
http://www.env.go.jp/recycle/kaden/qa/q05.html